FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sterling4【スターリン】






 熟成樽 
 


なめらかで調和のとれた風味と酒質になるには熟成が必要です。
発酵終了後、樽に移しかえられたワインは、貯蔵庫で熟成されます。

DSC03600_20110629091726.jpg


熟成に樽を使用する場合、産地、、熟成期間、樽内部の焼き具合などが
ワインの味を決める重要な要素となります。
熟成に使われる樽も展示されています。

DSC01602_20110629010347.jpg

DSC01602.jpg
アメリカンオーク / ミディアムトースト,ディープトースト



DSC01607.jpg

1_20110629010106.jpg
フレンチオーク



DSC01605_20110629113633.jpg

DSC01605.jpg
アメリカンオーク




Oak toasting levels for barrel staves
オーク樽の焼き具合について書いてある表

DSC03604.jpg
焼いてない場合、ライト、ミディアム、へビーにトーストした場合、
アロマ、テイストはどう違うか説明してあります。
例えば、ライトトーストの場合は、土とマイルドな木の香りがするのに対して、
ミディアムトーストはバニラ、コーヒー、焼いたパンの香りが混ざり合っているetc.・・・・・




DSC01619.jpg
ゆっくり座れるティスティングルーム 

DSC01598_20110629010123.jpg
テイスティングメニュー


           
SHOPはわりと広くて、写真にはありませんが、
オリジナル商品もたくさんあります。

DSC01620_2011062908352<br />7.jpg


DSC01620.jpg

時々このようにセールをしています。
75%他ではあまり見ない大幅割引です。
メンバー限定のセールもあるそうです。


DSC01622.jpg
ワインに合うペアリングのお料理本も参考になります


DSC04289_20110629091549.jpg

帰りもロープウェイで
ワイナリーツアーとテイスティング、上から見下ろす壮大な景色、ロープウェイ・・・・
話題性に富んでいるワイナリーで、楽しめることうけあいです
是非いらしてみてください


クリックお願いします。↓
スポンサーサイト

Sterling 3【スターリン】



ワインになるまで



さあ、スターリンでワインになるまでの過程を見学しましょう!
自由に見学ができて、説明書きまであるワイナリーはなかなかありません。




DSC01615.jpg


発酵の過程


イースト菌がブドウの糖分と反応して、アルコールと二酸化炭素に変わる。
C6H12O6(ブドウ糖)→2C2H5OH(エチルアルコール)+2CO2(炭酸ガス)

白ワインはイースト菌は50°Fでゆっくり働き始め、3週間発酵が続く。
その後小さいフレンチオークの樽でもっとリッチで複雑な味にさせる為
に熟成させる。

赤ワインはもっと暖かい温度、種類によっては90°Fまで上げることもあるが
、暖かい温度では早くイースト菌が働き始めるので4~9日発酵が続く。





3.jpg
 
ワインなるまでの過程

収穫→選果→除梗・破砕→主発酵→圧搾→後発酵→熟成→オリ引き→清澄・濾過→瓶詰

実を傷つけないように収穫、ワインに適した実を選びます。
えぐみのでる茎は取り除き、(赤ワインではタンニン量に関係
するので使う場合もあり)皮が破れる程度に、軽く実をつぶす。
赤ワインはこの時点で果実、果汁と果皮、種に培養酵母を加えて
発酵、白ワインは発酵の前に圧搾して果汁のみを発酵させます。
赤ワインは発酵後、液体のみをしぼりとります。その後ワインの
中ではリンゴ酸が乳酸菌の働きによって乳酸に変わり、酸味が
和らぐ後発酵という現象がおこります。その後ステンレスタンク
か樽に移し、貯蔵庫で熟成。浮遊物を取り除き濾過して瓶詰します。





DSC03113_20110619082053.jpg
  picking 収穫、選果, crushing 除梗、破砕

DSC03594.jpg
えぐみの出るブドウの軸を取り除き(除梗)、皮を軽く破って果汁(破砕)を出します。





DSC03113.jpg
pressing圧搾   fermendation 発酵 


DSC01614.jpg

DSC03593.jpg

発酵槽 
人が働いている姿が見えますが、いかにこの発酵槽が大きいかわかりますね。





DSC01617_20110619082439.jpg
aging 熟成 bottling 瓶詰


DSC03596.jpg
熟成タンク

DSC03600.jpg
樽熟成

発酵が終了したらタンクか樽に移し替えられ熟成させます。
一般的に白ワインは新鮮でフルーティーな風味を出すため、
ステンレスタンクで短期熟成、高級赤ワインは樽から溶け出す
タンニンや香りも加味されるため樽で比較的長期熟成されます。




OurWinesCollections[1]

次回はティスティングルームとshopに行ってみましょう



クリックお願いします。↓

Sterling2【スターリン】





  
  AERIAL TRAMWAY  

スターリンはロープウェイがある珍しいワイナリーなので、
休日は観光客の他に、バギーに乗った赤ちゃんや子供連れの
家族も多く訪れています。 乗る前にチケット売り場で、
テイスティング込みのチケットを買います。テイスティング
の内容によって料金は違うそうで、25$~らしいです。
私はここのクラブメンバーになっている人と一緒なので、
無料です。
ゲスト3人までだそうです。ほとんどのワイナリーでは
メンバーにこういった特典があります。



DSC01593_20110615015239.jpg


DSC01596.jpg

窓から見える景色を楽しみながら頂上のワイナリーへ




DSC01623.jpg
到着



DSC01612_20110614082842.jpg

バルコニーから、周辺のスターリンのブドウ畑が一望できます。
ここは3本のヤシの木がシンボルのブドウ畑。


607229[1]

この畑からとれたブドウだけで作ったメルロー
その名も”Three Palms”




DSC03111.jpg

ダイヤモンド マウンテンの斜面に作られたブドウ畑。
ここはナパのAVA(気候、土地の条件からアメリカ合衆
国で指定されたワイン・ブドウ生産地域)のひとつ


label_00013750_300dpi[1]

”ダイヤモンド マウンテン ランチ”
カベルネ スーヴェニオンのラベル




DSC01611.jpg

DSC03602.jpg

バルコニーから見える景色。山と山の合間の平地に、
ブドウ畑が広がっている様子がわかります。



DSC01599.jpg

昔使われていた、手動でブドウを圧搾する道具。
右下にブドウ液が出てくる口が見えます。

この奥で、ブドウがワインになる過程が見られます。
その様子は次回に・・・・・





クリックお願いします。↓

Sterling【スターリン】








ようこそナパへ

napa sign 160

 ”ワインカントリーNapa”の真ん中を南北にまっすぐ走る29号線。
その両側に、200とも300ともいわれるワイナリーが点在しています。
どのワイナリーもオーナーの個性が溢れていて まるで町全体が美術館のよう・・・  
一点一点の作品を移動しながら、ワインのティステイングを楽しむ・・・ 
    そんな別世界の入り口にこのサインが立っています。




スターリン ヴィンヤーズ    Sterling Vineyards



SilvwrOakから29号線に戻って北に走り、セントヘレナとの街を通り過ぎると、
右手にTOMEYというワイナリーが見えてきます。ここを右に曲がっていくと、
” スターリン ”の入り口が見えてきます。 因みに”セントヘレナ”という街は
100mにも満たない通りの両側に、ブティックやレストラン、チョコレート、
オリーブオイル等のお店が立ち並び、白金のプラチナ通りのように、歩いて
いる人々もどことなく、おしゃれな感じがします。高級住宅街で別荘も多く、
スポーツ選手、政治家などの著名人も訪れるそうです。

セントヘレナのメインストリートを通り過ぎると左手に
全米でも有名な料理学校、 ”CIA ” が見えてきます。
併設されているレストランは,雰囲気も味もいいですよ。

スターリンに行く前に CIA でランチしていきましょう

P1010063.jpg
学校、レストランが一緒になっているので、かなり大きな
建物ですね。レストラン入り口は、建物の右手です。
一般の人も単発でお料理講習会が受けられます。
予定表はHPをチェック!

P1010056.jpg
サモサ風の前菜


P1010057.jpg
ブイヤベース

P1010059.jpg
牛もも肉の赤ワイン煮込み


一皿の量が多いので、何人かとシェアーするといいですね。

さてお腹もいっぱいになったところで、いよいよスターリンに行きましょう
ここから10分ほどです。



DSC04291.jpg


DSC04289.jpg

ロープウェイで小高い山の上にあるワイナリーに行きます。
遊園地に行くみたいにわくわくしますね。



次回をお楽しみに。



クリックお願いします。↓

プロフィール

ZINPINO

Author:ZINPINO
ナパのワイナリーを訪れてから、
ワインに興味を持ち始めました。
ワインにまつわる話、
ワインの知識、
楽しみながら勉強中。

お花の作品を載せている
ブログも書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。