FC2ブログ

Sterling 3【スターリン】



ワインになるまで



さあ、スターリンでワインになるまでの過程を見学しましょう!
自由に見学ができて、説明書きまであるワイナリーはなかなかありません。




DSC01615.jpg


発酵の過程


イースト菌がブドウの糖分と反応して、アルコールと二酸化炭素に変わる。
C6H12O6(ブドウ糖)→2C2H5OH(エチルアルコール)+2CO2(炭酸ガス)

白ワインはイースト菌は50°Fでゆっくり働き始め、3週間発酵が続く。
その後小さいフレンチオークの樽でもっとリッチで複雑な味にさせる為
に熟成させる。

赤ワインはもっと暖かい温度、種類によっては90°Fまで上げることもあるが
、暖かい温度では早くイースト菌が働き始めるので4~9日発酵が続く。





3.jpg
 
ワインなるまでの過程

収穫→選果→除梗・破砕→主発酵→圧搾→後発酵→熟成→オリ引き→清澄・濾過→瓶詰

実を傷つけないように収穫、ワインに適した実を選びます。
えぐみのでる茎は取り除き、(赤ワインではタンニン量に関係
するので使う場合もあり)皮が破れる程度に、軽く実をつぶす。
赤ワインはこの時点で果実、果汁と果皮、種に培養酵母を加えて
発酵、白ワインは発酵の前に圧搾して果汁のみを発酵させます。
赤ワインは発酵後、液体のみをしぼりとります。その後ワインの
中ではリンゴ酸が乳酸菌の働きによって乳酸に変わり、酸味が
和らぐ後発酵という現象がおこります。その後ステンレスタンク
か樽に移し、貯蔵庫で熟成。浮遊物を取り除き濾過して瓶詰します。





DSC03113_20110619082053.jpg
  picking 収穫、選果, crushing 除梗、破砕

DSC03594.jpg
えぐみの出るブドウの軸を取り除き(除梗)、皮を軽く破って果汁(破砕)を出します。





DSC03113.jpg
pressing圧搾   fermendation 発酵 


DSC01614.jpg

DSC03593.jpg

発酵槽 
人が働いている姿が見えますが、いかにこの発酵槽が大きいかわかりますね。





DSC01617_20110619082439.jpg
aging 熟成 bottling 瓶詰


DSC03596.jpg
熟成タンク

DSC03600.jpg
樽熟成

発酵が終了したらタンクか樽に移し替えられ熟成させます。
一般的に白ワインは新鮮でフルーティーな風味を出すため、
ステンレスタンクで短期熟成、高級赤ワインは樽から溶け出す
タンニンや香りも加味されるため樽で比較的長期熟成されます。




OurWinesCollections[1]

次回はティスティングルームとshopに行ってみましょう



クリックお願いします。↓
プロフィール

ZINPINO

Author:ZINPINO
ナパのワイナリーを訪れてから、
ワインに興味を持ち始めました。
ワインにまつわる話、
ワインの知識、
楽しみながら勉強中。

お花の作品を載せている
ブログも書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR